本物の証明になるギャランティーカード

高価査定を狙うなら必ず必要になる

以前のコラム「高価買取のテクニック」でブランド品の買取には付属品である
ギャランティーカード(保証書)が必要だとご紹介しました。
今回はそのギャランティーカードについて詳しくご説明していきます。
ギャランティーカードとはブランド品が本物かどうかを見極める証明となります。
また、購入した時期や場所、誰が購入したのか詳しい情報が記載されています。
直営ブティックか正規代理店でしか発行されておらず、
並行輸入店では発行されることはありません。
ですが、ブランドによっては発行していないこともあるので
扱いはブランドによって変わってきます。
例えば有名ブランドのルイ・ヴィトンやエルメスなどは
ギャランティーカードを一切発行していません。
その代わり本物の証としてバッグや財布などにシリアル番号が刻印されています。

シャネルのギャランティーカード

ギャランティーカードがあることによって得られる最大のメリットは
・買取に出す時に本物だという証明になる
・正規店で修理や保証サービスが受けられる
この2点でしょう。
買取や査定をお願いする時にギャランティーカードが無ければ、
確実にマイナス査定になり、最悪の場合は買取不可になる恐れもあります。
ただし、ギャランティーカードがあるからといって安心してはいけません。
中にはニセモノの商品にもギャランティーカードが付いている場合もあります。
この場合も買取不可になってしまいます。
ネットオークションでギャランティーカードだけを手に入れて、
ニセモノのブランド品と一緒に売りに出すといった手口の犯罪も増えているので
決して悪用しないようにしましょう。
今回はブランド品に付属するギャランティーカードについて
ご説明しましたが、如何でしたか?
様々なメリットがあるので
ギャランティーカードを発行してくれるブランドの場合は
間違って捨てない様に大事に保管するようにしましょう。

最新ブログ